少額でできる不動産投資の実態|月1万円でホントに儲かるのか!?

少額不動産投資

 

不動産投資に興味はあるけど、「いきなり高額なマンションを買うなんて…」とためらわれる方も多いですよね。

しかし、もし「1万円でできますよ」と言われると「えっ?そんなに安いならやってみようかな」という前向きな気持ちになる反面、「本当に大丈夫…?」とも思われるかもしれません。

 

今回は、月1万円程度の少額でできる不動産投資はどんなものかを紹介します。

月1万円からできる少額不動産投資とは?

まずは「月に1万円くらいで、不動産投資ができるなんてホントかな…」と思われている方もいらっしゃると思いますので、まずは簡単に少額不動産投資についての説明をします。

 

毎月1万円ほどの少額投資が可能な、不動産投資の小口化商品の代表的なものは以下の2つです。

  • 証券化されたREIT(リート、不動産投資信託)
  • 小口化した不動産投資商材

詳しい内容は、後ほど紹介しますが、怪しい話だけではなく本当に「月1万円でできる少額の不動産投資」は存在するのです。

2つの少額不動産投資の仕組み

ここからは、少額不動産投資のREITと小口化商材について、なぜ1万円でできるのかなどの仕組みを説明していきます。

REIT(不動産投資信託)の仕組み

REIT

REIT(不動産投資信託)は、不動産投資法人が扱う金融商品の1種で、投資家から集めたお金で複数の不動産を複合的に運用し、発生した利益を配当として投資家に分配するという仕組みです。

投資対象となる不動産はビル・商業施設・ホテルリゾート・住宅・物流センターなど多岐に渡ります。

 

「投資信託の投資先が企業から不動産に変わっただけ」と考えると分かりやすいのではないでしょうか。

不動産は現物で持つと、やはりコストがかかりますし、1件だけだと空室や天災のリスクも気になるところです。

 

REITの場合、上場企業のプロが運用する商品なので、安心して購入できるという点で人気があります。

不動産小口化商材の仕組み

近年増えてきた不動産小口化商材は、不動産会社がある物件の運用資金を、複数の投資家から集めて運用するというものです。

「1つの部屋に対してオーナーがたくさんいる」、または「皆でお金を出し合って運用している」というイメージが分かりやすいでしょう。(実際の運用は管理会社が行います。)

 

金額が小さいだけで、区分所有と同じようなメリットが得られます。

ローンを組まずに始めることができるので、ローンの審査に通りにくい人や、借り入れに対する精神的な負担を避けたいという人にはおすすめです。

 

ただし、取り扱う不動産会社によって条件や物件が変わるので、良し悪しは一概に判断できるものではないという点が、難しいところでしょうか。

少額不動産投資のメリット

少額不動産投資は、少額だから始めやすく、最初は小さく始めて様子を見ることができるので不動産投資の登竜門として、物件をご自身で購入して運用する前に始められる方もいらっしゃいます。

 

特に、次の2点は多くの方にとってのメリットとなるでしょう。

  • ローンを組まなくても始められる
  • 銀行預金より高い利回り(平均3%くらい)が得られる

少額不動産投資のリスク

少額不動産投資のリスク

少額不動産投資で起こりうるリスクの種類自体は、個人不動産投資とほぼ同じと言えますが、大人数で投資している=それぞれの投資額が少額であるため、リスクとして感じにくいようです。

 

また、REITの場合、戦略的に組まれた複数の不動産が日々値動きするので、よほど市場全体に影響する出来事がない限り、大きなリスクにさらされないようです。

1万円でできる少額不動産投資は儲かるのか?

結論から言うと儲かる、つまり利益を得られる可能性は高いです。

なぜならREITの場合は、対象不動産の選定なども含め、不動産投資のプロが運用するため、確実とはいえないものの、様々な方向性から利益を得られるようにポートフォリオが組まれているからです。

 

また、小口化商材についても、複数の物件や不動産以外の株などに少額ずつ投資することでリスク分散もできます。

ただし、両方とも短期間で大きく儲けることは難しいです。

少額不動産投資でも家賃収入はしっかり得られる?

初心者向け

少額不動産投資における収入はほとんど分配金、つまり分割された家賃収入という形ですので「しっかり」とは得られません。

「家賃収入をしっかり得たいんだ!」と思われている方は、まずは区分マンションで大家デビューしてみるのはいかがでしょうか?

ローンで初期費用・自己資金を抑え「月1万円」で区分所有を始めることも

実は、不動産投資はいきなり高額なマンションを現金一括で買うわけではなく、ローンを組んで始める方が多いのです。

その場合、「比較的低価格な区分マンションを選ぶ」、あるいは「フルローンで自己資金をあまり使わない」など、初期費用や自己資金を抑えると、ローン返済額と家賃収入の差し引きで、結果的に月1万円で始められるという考え方ができます。

 

特に、ローンを活用し少額の自己資金で運用を始められる仕組み・効果をレバレッジと呼びます。

ローン返済後は、物件は自分の資産となり、ほぼ満額の家賃が手元に入るようになります。

少額不動産投資の使い方は、不動産投資の登竜門か銀行貯金の代わり

「不動産投資の安定性は魅力的だけどやっぱりローンやリスクが不安…」、または「投資自体どんなものかわからないのに高いマンションを買うのはちょっと…」と感じている方は、結構多いのではないでしょうか。

 

今回紹介した少額不動産投資は、不動産投資の登竜門として手軽に始められる商品ですし、分配金としての利回りは、平均3%ほどあるので銀行預金の代わりとしても有用です。

 

少額商材でも実際に始めてみることで、不動産投資の雰囲気や、どういった時に値動きするのか、人気の不動産の種類などもなんとなくわかってくるかと思います。

少額商材で、不動産投資の世界に慣れてきたら、次は初心者でも始めやすい区分マンション所有を検討してみてはいかがでしょうか。

 

不動産投資の代表的な3種類を比較~マンション1棟所有・マンション区分所有・戸建て所有~

 

東京23区内でマンション投資を始めるなら、グランヴァンにご相談ください。

関連記事