明日からの資産防衛方法 | 格言「卵を1つの籠に盛らない」に学ぶ

たまご

 

「自分の資産は自分で守る必要がある」とはいうものの、一体どんな方法で・何を使って、自分の資産を防衛していけばいいのでしょうか?

イメージがつかない方が、少なくないはずです。

 

そこで今回のコラムは、「どうやって自分の資産を防衛していくのか? 何を使って防衛していくのか?」について、解説しています。

資産防衛の必要性や心構えについても知りたい方は、以下のコラムから順にお読みください!

自分の資産を自分で守る“3つの心得” | 富裕資産家から学ぶべきお金との付き合い方とは?

資産防衛方法の基本は「卵を1つの籠に盛らない」

資産防衛

投資の世界の格言の1つに、「卵を1つの籠(カゴ)に盛るな」という言葉があります。

1つの籠に卵をぜんぶ入れていると、その籠を落としてしまった時、すべての卵が割れてしまいます。

 

ただし、少々面倒でも3つ4つの籠を準備して、卵を分けて入れるとします。

もしそのうち1つの籠を落として、そのなかの卵がすべて割れたとしても、他の籠の中身は無事です。

 

割れたたまご
・20個の卵を1つの籠に入れて落とす
20個すべての卵が割れる

・20個の卵を4つの籠に5つずつ入れて、1つの籠を落とす
5個割れるが、残り15個の卵は割れない

ものすごく簡単で、言うまでもないような理屈にも思えますが、お金の問題に置き換えられている人はまだ少ないようです。

“分けて増やす”ことが重要なのではなく、ともかく“分ける”ことが資産防衛の最大のポイントであり、最も手堅い方法なのです。

資産防衛視点でメリットがある“5種類の資産”とは?

  1. 国債
  2. 米ドルなどの外貨
  3. 不動産
  4. 金(ゴールド)
  5. アンティークコイン

これらは「資産防衛に効果があるか?」という考察がされるとき、よく話題にのぼる資産の種類です。

以下では、それぞれの資産の種類の強みを、防衛視点で簡単に説明します。

【1】国債

国債

今や「安全資産」と呼ぶことに意義を唱える人が在るものの、それでも発行体が国なので、株式などと比較すれば安定している資産が国債です。

すぐに換金できないデメリットがあるものの、定期預金よりはわずかに金利が高く、いち企業の倒産から資産を防衛することができます。

 

ただし、国にも倒産のようなものはあります。(国債を安全資産と呼びたがらない人がいるのは、そのためです)

企業の倒産リスクほどに警戒する必要はありませんが、国家の信用がゼロになる(=国債の価値が無くなる)想定は、常に頭の片隅に入れておくべきでしょう。

 

国家の信用がゼロになる自体を見越し、資産を防衛する手段の1つが、後述する外貨です。

【2】米ドルなどの外貨

資産防衛意識の高い投資家は、資産を「円」で持つことにこだわりません。

日本の企業の倒産、あるいは日本の経済危機から資産を守るために、外貨に資産を振り分け、外貨でその資産を運用する人が結構多いのです。

 

外貨のなかでも人気が高いのは、米ドルです。

流通量が多く投資先の商品の選択肢も多いこと、利便性が高いことなどが、その理由として挙げられています。

 

また単純に、米国経済の成長に期待して、防衛意識と同じくらいに先行投資意識が高い人も、米ドルを選んでいるのかもしれません。

【3】不動産

不動産

不動産は比較的価格の変動が少なく、簡単に壊れたり奪われたりしない点で、防衛に適した資産です。

相続税を圧縮でき、普通の貯金でかかってしまうお金を減らせるという意味でも、資産を守れています。

流動性が高いことはないですが、常に需要が高い都心部の物件など、条件によっては売却しやすいです。

 

さらに、資産防衛で資産を増やすことは目的になりませんが、長期間投資用不動産の堅実な運用を続ければ、家賃収入というリターンが得られます。

資産が不動産の形で守られているうえで、プラスアルファで現金の形で資産が増やせるのは、大きな強みでしょう。

 

ただ、いくら不動産でも、大災害で資産としての価値を失う(=倒壊など)可能性がゼロではないことに注意。

長期間不動産を運用しつづける労力も、それなりにかかります。

不動産の分散投資はどう効果的? | リスクヘッジの基礎知識

【4】金(ゴールド)

昔から大恐慌や戦争が起こるたび、金の資産価値が高く評価されてきました。

例えば戦時下、資産を持って逃げられない人は、溶かした金を歯に被せて逃げた場合があったのです。

 

金が資産防衛面で優れているのは、物質として強固であり燃えないため、多くの国で貴重品扱いされている(=金そのものに価値がある)ためです。

金が利息を生まないのにも関わらず、投資家からの人気が高いのは、防衛面でのメリットの多さゆえでしょう。

 

「実物資産」とは?| 種類とメリットと投資視点でのオススメ

【5】アンティークコイン

アンティークコイン

(ゴールド)ほどに物質として強固ではないですが、アンティークコインを資産防衛面で推す投資家も多いです。

 

日本ではまだ馴染みがありませんが、アンティークコインの愛好家たちがコインフェアやオークションなどで、多額のお金を動かしているといいます。

希少価値が高いことや、アンティークコインそのものに美術的価値があることが、その人気の理由でしょう。

 

ただ資産を守るだけでなく、ある種の浪漫を感じたい人には、アンティークコインに一部資産を割り振ることが向いているかもしれません。

ただし、偽造品にはおおいに注意すること。

【まとめ】卵を複数の籠に分けて守るように、資産も分けて守ろう

分散投資

不安な今を生きる私たちの、安心材料のうちの1つが資産防衛。さらに細分化して分散投資節税保険の見直し相続対策など。

これらの取り組みは、私たちの暮らしを経済面から、そして精神面から支えてくれるはずです。

 

(=資産)は、複数の籠(=種類)に分けることが、資産を守る第一歩です。

お金の不安が尽きない今だからこそ、前向きに動いてみましょう!

 

⇒ 当サイト『グランヴァンタイム』の資産運用お役立ちコラムをもっと見る

当社『グランヴァン』は、東京で投資用区分マンションの販売を行う会社であり、オーナー様向けの資産運用・相続に関する相談を承っていることが強みです。

 

⇒ 詳しくはコチラ!

関連記事