家賃保証・サブリース・空室保証・滞納保証の違い | 区分投資の強い味方は?

家賃保証

 

「不動産投資を始めてみたい」「でも、家賃が入らなかったら怖いな……」

こうした考えが頭の中をいったりきたりして、最初の1歩を踏み出せない人の味方となり得るのが、家賃保証のシステムです。

 

この「家賃保証」を「空室保証」と言う人もいれば「サブリース」と言う人もいて、さらには「滞納補償」と言う人もいますが、厳密にはすべて区別できることをご存知でしょうか?

 

会社によって、どんな条件で・どんな内容の保証を・誰がしてくれるのか異なるため、画一的に“家賃保証=入居者がいなくても家賃を払ってもらえること”と考えていると、いざ運用を始めた時にギャップが出てくるのかもしれません……。

 

そこで今回は、不動産投資未経験者~初心者が混同しがちな、家賃保証・サブリース・空室保証・滞納補償の違いを、分かりやすく説明してみました。

混同しがちな「家賃保証」の制度の違いをひとめで比較

疑問 はてな

  • 家賃保証
  • サブリース(一括借り上げ)
  • 空室保証
  • 滞納保証

保証を行う会社によって、どういう制度にどんな名前をつけているのかもバラバラなので、本来はその内容を1つ1つ確かめていく必要がありますが、これら4種類の保証の違いを“基本的”かつ“簡潔”にまとめるなら、以下の表のようになります。

 

ぜんぶ「家賃保証」
種類の区別 サブリース 空室保証 滞納保証
誰向けの保証? オーナー向け オーナー向け 入居者向け
どんな制度? 不動産会社が物件を
一棟丸ごと・または一部借り上げ。
入居状況に関わらず7~9割
保証金が入る制度。
オーナーと保証会社間の
契約。入居がない時に
8~9割の保証金が入る制度。
入居者と保証会社間の
契約。滞納時に
保証会社が家賃を立替て
支払う制度。
誰が保証してくれる? 不動産会社 家賃保証会社 家賃保証会社

 

要は「家賃保証」という大きなカテゴリがあって、その中で「サブリース」「空室保証」「滞納保証」というカテゴリに、さらに分けられている形です。

 

名前だけ見ると、どれも同じような制度に思えなくもないですが、誰向けの保証どんな保証内容で、誰が保証してくれるのかを比較すると、結構明確な違いがあることが分かります。

 

以下では、「サブリース」「空室保証」「滞納保証」の違いを、メリットとリスクを合わせてもう少し詳しく解説していきます。

【1】サブリースのメリットとリスク

《「サブリース」は……》

“不動産会社”が提供する“オーナー向け”の保証
・不動産会社が、(多くのケースで)物件を一棟丸ごと借り上げて、
入居状況に関わらずに家賃設定の7~9割が保証されている制度
・契約によっては、物件管理と家賃保証の双方をまかなえる

――サブリースのメリットは「実際の入居者の有無に関係なく一定額の収入が保証されること」

サブリース契約ならではのメリットは、入居者の有無に関わらず、一定額の収入が保証されていることです。

 

また、サブリースを行うのは不動産販売会社であることが一般的ですが、その会社が管理業務を担っていることもあります。

それらを組み込んだサブリース契約の場合は、家賃の回収にまつわる業務だけでなく、通常は別個で不動産管理会社に依頼するような業務も任せられるので、一石二鳥です。

マンションオーナーの仕事 | 買ってからが始まりの不動産投資

――サブリースのデメリット・リスクは「見直しで契約そのものが終了するリスクがあり、満室経営ができている場合の収益性が落ちること」

サブリースは、その内容について定期的に“見直し”がされます。

物件としての価値が下がった場合、それに応じて家賃収入の保証割合が引き下げられたり、サブリース契約そのものが終了する可能性があります。

 

また礼金や更新料など、家賃以外に入居者から支払われるお金は、不動産会社の取り分となるため、ずっと入居者がいるベストな運用ができている場合でも収益性が落ちてしまいます。

不動産投資のサブリース契約とは?メリット・デメリットと注意点

【2】空室保証のメリットとリスク

《「空室保証」は……》

・“家賃保証会社”が提供する“オーナー向け”の保証
・家賃保証会社が、
入居者がない時にその部屋のオーナーに家賃の8~9割を保証する制度
・物件管理は行わない

――空室保証のメリットは「保証の割合が比較的高く、満室経営時の無駄が少ないこと」

保険料のようなイメージで、オーナーは家賃保証会社に毎月決められた保証料を支払い、空室リスクに備えてもらいます。

礼金や更新料が不動産会社を経由せず、入居者がいる場合は普通に入ってきて、保証金額の割合が1~2割ほど、サブリースよりも高い傾向があります。

 

空室保証は、うまく運用できている時の“無駄が少ない”保証契約だと言えるでしょう。

――空室保証のデメリット・リスクは「基本的に不動産の管理はしてもらえないこと」

家賃保証会社と不動産販売会社・不動産管理会社は、全く別の仕事をする会社です。

 

たとえば不動産管理業務は、空室保証をする家賃保証会社の管轄外。

一部のサブリース契約のように、まとめて任せることはできません。

【3】滞納保証のメリットとリスク

《「滞納保証」は……》

“家賃保証会社”が提供する“入居者向け”の保証
・家賃保証会社が、入居者が滞納した家賃を立替えて保証する制度

――滞納保証のメリットは「保証料の負担が入居者であり、優良入居者を集める手立てにもなること」

滞納保証は、“入居者と家賃保証会社間の契約”です。

保証料の負担も入居者なので、オーナーが家賃保証のためにかけるコストがほぼなくて済みます。

 

家賃が支払われない場合の立替えを、オーナーに対して行う家賃保証会社の立場は、いわば「入居者の連帯保証人」。

そのため、この契約の審査に通ることができるのは、そもそも家賃を支払わない可能性は極めて低い入居者だけです。

 

滞納保証を通すことで優良入居者が集まりやすい、このこともオーナーにとっては大きなメリットでしょう。

――滞納保証のデメリット・リスクは「入居者がいない(空室)時の保証ではないこと」

ここはかなり要注意すべきポイントなのですが、滞納保証は“入居者がいて、家賃を滞納している状況”でないと使えません。

つまり、家賃を支払う人がいない、空室時の保証は基本的にないのです。

 

万が一、「滞納保証もサブリースも空室保証もみんな一緒」と思っていると、“自分の思っていた保証条件”と“契約本来の保証条件”にギャップが生まれ、不動産の運用が非常にリスキーになってしまいます。

区分マンション投資の場合は、どの保証が使えるの?

区分マンション投資

記事の冒頭でも説明したように、“基本的には”、保証制度の名称によって保証内容が違うとしても、それをすべての不動産会社や家賃保証会社が理解し、正しく使い分けているのかまでは判りません。

 

「空室保証なら区分マンション投資に向いているだろう」、あるいは「滞納保証ならリスクが低いだろう」などと決めつけていると、契約を結んでしまってから齟齬に気付き、大慌てすることになりかねない……。

つまり、家賃保証契約の名前に惑わされずに、その中身を見て自分の運用方針にあっているのかどうか慎重に判断するべきということです。

 

これを前提に述べるなら、初めて区分マンション投資をする人にとって助けになりやすいのは、「サブリース」だと思います。

もう少し細かく表現すると、「保証体制がサブリースの特徴に符合し、なおかつ不動産管理業務まで任せられる家賃保証契約」。

 

その理由には、不動産管理と家賃回収をまとめて行ってくれるおかげで、オーナーの仕事がグッと少なくなることが挙げられます。

 

「区分マンション投資を今から始めたい」という人は、普段の仕事で忙しいことが多く、なかなか不動産管理や家賃回収のための時間が割けない傾向があります。

投資用不動産購入後のやり取りも考慮すると、“統括的に不動産投資のことを頼めるサポート先がある”ことは、非常に心強いのです。

まとめ

家賃

最後に、記事の最初に使った表を再掲しましょう。

 

ぜんぶ「家賃保証」
種類の区別 サブリース 空室保証 滞納保証
誰向けの保証? オーナー向け オーナー向け 入居者向け
どんな制度? 不動産会社が物件を
一棟丸ごとまたは一部借り上げ。
入居状況に関わらず7~9割
保証金が入る制度。
オーナーと保証会社間の
契約。入居がない時に
8~9割の保証金が入る制度。
入居者と保証会社間の
契約。滞納時に
保証会社が家賃を立替て
支払う制度。
誰が保証してくれる? 不動産会社 家賃保証会社 家賃保証会社

 

始めは混同されていた人も、ここまで読んでくださったのであれば、家賃保証・サブリース・空室保証・滞納保証、それぞれの違いを掴めたかと思います。

 

ただ1番大事なのは、違いを正確に知ることではなく、自分が結ぼうとする保証契約の内容を正確に知ることです。

家賃保証に限らず1つ1つの見極めを大事にすることが、不動産投資成功のカギです。

関連記事