マンション経営特集|無料資料請求は紹介率100%のグランヴァンへ

 

マンションやアパートの経営には、様々な知識が必要です。勉強をせずに投資をはじめると、大きな損失を被る可能性があります。

このような状況を避けるために、様々な方法で不動産投資について学んで、投資を始めることが重要です。

そこで本記事では、マンション経営に必要な知識についてまとめつつ、資格や本、その他の方法について具体的に解説します。

実際に不動産投資を相談するとどんな流れ?

不動産投資は老後の年金対策や生命保険の役割が期待できるため、投資家だけでなくサラリーマンの方にも人気の高い投資です。

「不動産投資が気になるけど、自分でもできるのだろうか」
「始めるとしたら、どういう流れなんだろう。しつこい営業をされたら嫌だな」

不動産投資に興味があるものの、このような不安を抱えてなかなか動き出せない方はいないでしょうか。

そこで今回は弊社・グランヴァンにご相談をいただいた場合の流れを「34歳妻子持ち・貯金300万円の大山さん」を例にストーリーにしてまとめました。

「相談したあと、どのように進んでいくのか知りたい」という方はぜひご覧ください。

不動産投資相談の流れを見てみる

マンションやアパート経営で大切なのは投資の知識と管理の知識

マンションやアパートを経営する上で必要な知識は大きく分けて以下の2つです。

  • 利益を出すための投資の知識
  • 大家さんとして居住者を管理する知識

それぞれ解説します。

利益を出すための投資の知識

不動産投資を行う人の目的として、利益を得るというものがあります。

やみくもに物件を購入し、募集をかけても成功する可能性は下がります。需要のある立地の選定や利回りの計算、募集のかけ方など様々なことを学び、考え、工夫しなければ利益を継続的に得ることは難しいです。

そのための投資の知識を学ぶ必要があると言えます。

具体的には主に利回り、物件選び、リスクについて理解しておくと良いです。こちらの投資に関わる知識は、後ほど説明します。

大家さんとして居住者を管理する知識

また利益を出すためだけの知識では不十分です。物件の入居者に対し、適切な管理をしなければ、信用される大家さんにはなれません。

まず自分で管理するのか、管理会社に委託するのかはもちろん、その際の管理会社の選び方や委託料の相場など、知っておかねばならない知識は多くあります。

具体的には、

  • 契約締結や契約更新
  • クレームやトラブルの対処法
  • 家賃の入金管理
  • 不動産の内装や外壁についての知識
  • 敷金・礼金の管理
  • 物件の美化清掃

などについて知っておくと良いです。

不動産投資で利益を出すために必要になる3つの知識

不動産投資で必要な知識は様々ですが、最低限として下記は詳しく知っておくべきです。

  • 利回り
  • 物件選び
  • リスク

それぞれ解説します。

利回り

利回りとは、投資資本に対する1年間で得られる収益の割合のことです。「年間収入÷投下資本」の計算式で算出できます。

不動産投資における利回りは、単純に年間収入を投資金額で割った「表面利回り」と、年間収入から経費を差し引いた金額を投資金額で割った「実質利回り」との2つがあります。

利回りを計算する際は、より現実の利益に近い「実質利回り」で計算する必要があります

物件選び

不動産投資を成功させるために物件選びは非常に重要です。

まず重視すべきは、人気のエリアであること。人気があるとは利便性がよく、周辺環境が良いエリアです。こうしたエリアは年中通して一定の需要があります。

また人口減少率を見ることも重要です。今は空室率が低くても、人口が減少していれば空室率も下がっていくことが予想されます。よって人口が増えているエリアか、人口減少率が低いエリアを選ぶ必要があります。

最後に建物の構造や設備面。新耐震基準が採用されている物件は、建物の構造がしっかりしているため、天災による倒壊や破損のリスクが下がります。またオートロックや24時間ゴミ出しなどの設備が整っている物件は、選ばれる可能性が高くなります。

リスク

不動産投資におけるリスクとは、空室リスクや家賃滞納リスク、天災リスク、家賃下落リスクなど多岐にわたります

天災など対策が難しいリスクもありますが、リスク要因が起こった際にどのように行動するかを決めておくことは可能です。

様々なリスクがあることを理解した上で、どのように立ち回るか決めておきましょう

マンション経営に役立つ資格は7つ

マンション経営に必要な知識は、資格を通して学ぶことも可能です。マンション経営に役立つ資格は下記の7つ。

  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャルプランナー
  • マンション管理士
  • 管理業務主任者
  • 不動産実務検定
  • 住宅診断士
  • 賃貸不動産経営管理士

それぞれ説明します。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は日本の国家資格で、不動産取引におけるトラブルを少しでも減らし、宅地建物の取引を安全に進めるために作られた資格です。

「重要事項の説明」、「重要事項の説明書面への記名・押印」、「契約書への記名・押印」の3つは宅地建物取引士の独占業務で、宅地建物取引士しか行うことはできません。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとはお金の専門家のこと

収支・負債・家族構成などの様々な要因を考慮しつつ、住居や教育、老後などのライフプランに即した資金計画などをアドバイスします。お金に関することなら幅広く知識がある特徴があります。

マンション管理士

マンション管理士は国家資格の一つです。

マンションの管理に関する専門知識で、管理組合の運営や大規模修繕工事の技術的な問題など、マンションの維持・管理に関する助言や指導を包括的に行う専門家のことを指します。

管理業務主任者

管理業務主任者とは、マンション管理業者が管理組合などに対して、管理委託契約に関する重要事項の説明や、管理事務報告を行う際に必要な国家資格者のことを指します。

管理業務主任者になるには試験に合格し、登録し、主任者証の交付を受ける必要があります。

不動産実務検定

不動産実務検定とは、一般財団法人日本不動産コミュニティーが運営する民間資格のことです。

賃貸住宅の経営に必要な知識を高め、入居者に快適な住環境を提供することで、日本の賃貸住宅の向上と発展を目指します。

住宅診断士

住宅診断士とは、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会が実施している民間資格のこと

住宅診断のプロとして、建築・不動産取引・住宅診断などにおける一定以上の知識や倫理観を有していることを消費者に明示するために運用されています。

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士とは、一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会が運営する民間資格のことです。

主に賃貸アパートやマンションなどの賃貸住宅の管理に関する知識や技能、倫理観をもった専門家のことを指します。継続的かつ安定的で良質な管理サービスを行うために、期待されています。

本やセミナー、不動産投資会社への資料請求もおすすめ

最後にマンション経営におすすめの書籍として2点紹介します。

1つは、『知りたいことが全部わかる!不動産の教科書』です

この本は、マンション経営について個別具体的に解説されているというよりも、不動産に関する全般的な知識が網羅されています。不動産投資を行うにあたり、この1冊ほどの知識は有しておいたほうが無難です。

2つ目は、『不動産投資のお金の残し方 裏教科書 税理士大家さんがコッソリ教える』

実際に利益を得られているマンション経営者が執筆された本書。特に物件選びについて詳しく書かれており、これから投資をしたい方も、2軒目を検討中の方もおすすめです。

また、これら書籍以外にも不動産会社の無料セミナーや資料請求もおすすめ。不動産投資は情報戦です。1つのところから深く学ぶことも重要ですが、様々な人や組織からの意見を生かして始めたいものです。

まとめ

不動産投資を行うにあたり必要な知識は多くあります。

前述の書籍や資格取得などで学習することも1つの方法ですが、いちばん効率的なのは、不動産投資会社のプロから話を聞くことです。

1社だけで聞くのは情報が偏るので、複数社から話を聞いて自分で理解していけば、確たる知識が身につきます。

グランヴァンでは各種資料請求や無料セミナーを実施しています。専門家の話を聞いてみたいという方は、ぜひ一度お問い合わせください。

初心者向け不動産投資無料セミナー申込 | GRANDVAN TIME(グランヴァンタイム) -あなたに価値ある不動産情報を-

実際に不動産投資を相談するとどんな流れ?

不動産投資は老後の年金対策や生命保険の役割が期待できるため、投資家だけでなくサラリーマンの方にも人気の高い投資です。

「不動産投資が気になるけど、自分でもできるのだろうか」
「始めるとしたら、どういう流れなんだろう。しつこい営業をされたら嫌だな」

不動産投資に興味があるものの、このような不安を抱えてなかなか動き出せない方はいないでしょうか。

そこで今回は弊社・グランヴァンにご相談をいただいた場合の流れを「34歳妻子持ち・貯金300万円の大山さん」を例にストーリーにしてまとめました。

「相談したあと、どのように進んでいくのか知りたい」という方はぜひご覧ください。

不動産投資相談の流れを見てみる

関連記事