投資ゲームで株・投資の感覚がつかめる!初心者におすすめアプリ11選

初心者におすすめ投資ゲームアプリ

投資に興味がある人でも、いざ実際にやってみようと思うとなかなか手が出せない人は多いのではないでしょうか?

投資すると言っても、具体的に何をすれば良いのか分からないという人もいるでしょう。

投資はリスクもあるため、気軽に参入しづらいのは当然です。このような問題を解決する方法として、「投資ゲーム」があります。

お金がほとんどかからず投資感覚が養われるため、これから投資を始めようとしている方にはおすすめの練習法です。

この記事では、これから投資を始めようと考えている投資初心者の方にオススメの投資ゲームを紹介します。

投資ゲーム・アプリは初心者やお子さんのトレーニングに最適

投資ゲームはPCアプリのみならず、スマホアプリでも開発されています。

隙間時間に投資の勉強が可能となり、投資感覚の会得や世の中の出来事を理解する仕組みが確立されています。

誤解されている方もおられるかもしれませんが、投資はギャンブルではありません。

一定の知識や感覚を身に付けることで、ギャンブルではなく、理論や感覚に則った取引が可能となります。

こうした理論や感覚を身に付ける際に投資ゲームは最適です。

高等学校では2022年4月より、家庭科の時間に「投資信託」の項目が導入されます。

今後投資に関する知識は学校レベルで必要になり、お子さんの投資感覚を育む意味でも、投資ゲームは最良の手段といえるでしょう。

投資のゲーム・シミュレーションアプリおすすめ11選

ここでは具体的な投資ゲームを紹介します。さまざまな種類があるので、自分に合ったアプリで効果的に学んでいきましょう。

①トレダビ

トレダビ

110万人に愛されている株のデモトレードアプリ。水産・農業から不動産、ITに至るまで、さまざまな業種の銘柄を網羅。右も左もわからない初心者から経験者まで、さまざまな人が楽しく学べるアプリです。

リアルなデータを用いたトレードが可能なため、より実践的にトレードできるうえ、ノーリスクで参加できます。

また、トレナビ内の大会で上位になった人には景品もあります。

参加登録や登録費用、手数料などが一切不要なので、まず最初に始めたいという人におすすめのアプリといえるでしょう。

→ 「トレダビ」のホームページを見る

 

②株たす

株たす

株たすは、東京証券取引所から提供される実際の株価をもとにして、デモトレードできるアプリ。

デモ取引だけでなく、アプリ内にはオリジナル漫画や図解付きの解説などもあるため、株式投資を様々な角度から学ぶことができます。

これらのツールで学んだあとは、実際の取引を行います。

いくつかの質問に答えることで、おすすめの証券会社を紹介してくれる機能も。デモ体験、学び、実際の取引というステップをスムーズに行えるデメリットがあります。

アプリ利用は無料なので、リスクなく学べますよ。

→ 「株たす」のアプリを見る

③FXなび

FXなび

上記の2つは主に株取引におけるデモトレードでしたが、こちらはFXトレード。

スプレッドやレバレッジといった実際のFX取引では必須の機能が対応しており、どのようにお金が動くのかを見やすいチャートで確認することができます。

市場が休みな土日でもデモ用のチャートが動くので、休みの日にやってみたいサラリーマンや学生さんにも最適。

漫画や解説動画もあるため初心者にもやさしい印象です。なお、無料でできるため安心です。

→ 「FXなび」のアプリをみる

④投資入門アプリ「トウシカ」

投資入門アプリ「トウシカ」

トウシカは、実際にあった過去の値動きをスピード体験・取引できる初心者向けの株取引シミュレーションです。

ゲーム感覚で有名株を取引することが可能です。

また、毎月○円ずつ、○年つみたてるといくら貯まるかがすぐわかり、老後2,000万円問題も身近に感じることができます。

あなたの職業や年収も考慮した上で、あなただけのシミュレーションを作成することができます 。

→ 「トウシカ」のアプリを見る

⑤iトレ2

iトレ2

本格的なバーチャルトレードが体験できるiトレ。

最初にもらえる100万円で様々な株を売買する体験が可能です。株以外にも投資信託やバイナリーオプションなど多種多様な方法があり、包括的に体験できます。

アプリ内の時間は、現実の1週間で1年進むため、隙間時間で簡単に体験ができます。24時間365日体験可能なのも忙しい方にとっては魅力でしょう。なお、基本的な使用は無料なものの、アプリ内で課金することもできます。

→ 「iトレ2」のアプリを見る

⑥株式運用ゲーム 株マップ.com

株式運用ゲーム 株マップ.com

株式運用ゲーム 株マップ.comとは、株マップ.comが運営する株式運用ゲームのこと。

サイトにはゲーム以外にも、ニュースや注目銘柄情報、値上がり率ランキングなど様々なコンテンツがあります。

その中でも株式運用ゲームは、所持資産1億円、運用期間6ヵ月でゲーム形式で運用していきます。

仮想のお金で銘柄を売買し、最終的な成果を競うゲームです。株マップ.comに登録すれば無料で利用できます。

→ 「株式運用ゲーム 株マップ.com」のホームページを見る

⑦みんなの株式(みんかぶ)

みんなの株式(みんかぶ)

みんなの株式は投資ゲームではありませんが、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドが提供する株取引におけるソーシャルネットワークサービス(SNS)。

2007年4月にスタートしてから現在に至るまで、主に個人投資家の中で人気を博しています。

通常のSNS機能に加え、投資家に売買予想という集合知機能と分析ノウハウを自動化した「株価予想」や「みんかぶポートフォリオ」が人気。会員登録をすれば無料で情報を得ることができます。

→ 「みんなの株式(みんかぶ)」のホームページを見る

⑧株式学習ゲーム

株式学習ゲーム

投資学習ゲームは日本証券業協会と東京証券取引所が主催する学校向けの投資学習教材です。

1996年から利用されている本教材は、米国で長きにわたり教材となっている「Stock Market Game」を参考にしており、所持金1,000万円をもとに実際の株価に則ってシミュレーションします。

投資のテクニックを学ぶよりも、経済の仕組みや社会の動きなどを体験的に学習することを目的としています。費用は無料です。

→ 「株式学習ゲーム」のホームページを見る

⑨あすかぶ!

あすかぶ!

あすかぶ!は、1日1つ話題の銘柄の株価を予想することで株式投資におけるセンスや経験を養うアプリ。

初心者から経験者まで様々な人と意見交換可能で、気軽に参加することができます。

主な機能は株価の予想や掲示板などがあります。

基本的にはコミュニケーションを主としているためゲーム要素はありませんが、情報収集という意味で楽しく長く続けられるでしょう。アプリは無料で利用可能です。

→ 「あすかぶ!」のアプリを見る

⑩賢者のポートフォリオ

賢者のポートフォリオ

あせまねライフ株式会社が提供する「賢者のポートフォリオ」は、株式投資体験ゲームをアプリ化したもの。

未経験者はもちろん、上級者まで幅広いユーザーがゲームをしつつ投資の知識を蓄えていく仕組みとなります。

スマホでもPCでもプレイ可能で、攻略のヒントや用語の解説、銘柄情報にいたるまで、ゲームをするだけで投資に関する多くの情報が得られます。

費用は会員制で、レギュラー会員は3か月契約で月額800円、プライム会員は12か月契約で月額400円になります。

→ 「賢者のポートフォリオ」のホームページを見る

⑪全日本株式投資選手権選抜株式レース

全日本株式投資選手権選抜株式レース

全日本株式投資選手権選抜株式レースは、株式投資に自信のある個人投資家で株式レースを行うゲーム。

3つのリーグに分かれており、年に4回ほど開催されます。3か月の期間で株式投資の実力を競い、成績優秀者には商品があります。

無料でできる範囲と有料でできる範囲があり、有料では年会費21,000円で直前メールや会員用掲示板、投資方法の閲覧などが可能になります。

→ 「全日本株式投資選手権選抜株式レース」のホームページを見る

まとめ

投資はリスクがありますが、ギャンブルではありません。投資感覚や理論に基づいて行えば、成功確率が上がる取引です。ただ投資初心者でいきなり現金を用いて取引することにためらう方は、ご紹介した投資ゲームが事前学習として役立ちます。

他方で投資ゲームばかりやっていても、本当の意味での投資感覚は養われません。なぜなら実際の現金が動くことで人間の心情も変わるからです。実際に取引を行いたい方は、投資ゲームで感覚や基本を押さえたら、実際に行うことを考える必要があります。

⇒ 『グランヴァンタイム』の資産運用コラムをもっと見る

関連記事