不動産投資の専門家ってどんな人?頼れる資格を5つ紹介

専門家のイメージ

 

はじめての不動産投資においては、独学でしっかり勉強したはずでも分からないことが出てきたり、「これは第三者の意見をきちんと聞いたほうが良いかも?」と思う機会が、少なからずあるかと思います。

そんな時には、投資不動産販売会社などに在籍する、“不動産投資の専門家”に相談するべきです。

 

では一体、不動産投資の専門家とは、どんな資格を持つ人のことを言うのでしょうか?

不動産投資に関して、信頼して相談できる人を見つけるために、不動産投資の専門家とはどんな人のことを指すのか、少しでも知っておくことが推奨されます。

 

また、いずれは自分も、不動産投資の専門家が持つような何らかの資格の取得に、チャレンジしてみたいと考える方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、“不動産投資の専門家”とは、どんな人のことを指すのか、その一例を紹介していきます。

不動産投資の専門家とされる人が持つ主な5つの資格

専門家イメージ

  1. 宅地建物取引士(宅建士)
  2. ファイナンシャルプランナー
  3. 住宅ローンアドバイザー
  4. マンション管理士
  5. J-REC公認不動産コンサルタント …etc

不動産投資の専門家とされる人たちは、的確なアドバイス・サポートに必要な知識を得るため、上記のような資格を所有しています。

※すべての資格を兼ね備えているという訳ではありません。

 

以下では、それぞれの専門家が持つ、不動産投資における強みを簡単に説明しました。

【1】宅地建物取引士(宅建士)

不動産会社には、不動産契約における重要事項の説明、および重要事項の説明書面や契約書への記名と押印を行う資格を持つ、宅地建物取引士(宅建士)を、一事業所につき5人に1人の割合で設置しなくてはいけないという決まりがあります。

 

「不動産会社の営業マンなら当然、宅地建物取引士の資格を持っているものだ」と思われているかもしれませんが、実際は宅地建物取引士の資格を取得していない営業マンも多いことが現状です。

 

悪質な業者の場合は、先述した一事業所につき5人に1人宅建士を設置するという決まりのために、宅地建物取引士の資格を持っている人の名前を借りたりもしているようです。

 

上記のような実態もある一方、優れた宅地建物取引士は、法律など不動産投資に関係するけれども、一般の方が理解しにくい難しい情報を、誰にでも分かりやすく説明できます。

宅地建物取引士は、投資家に不当な契約を結ばせないように、フラットで正しい知識を持つ頼れる専門家です。

【2】ファイナンシャルプランナー

資産形成に興味を持つ方なら、ファイナンシャルプランナーという専門家の名前を、1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

ファイナンシャルプランナーは貯蓄・保険・税務・相続など、未来を見据えたあらゆるお金の計画を立てる専門家ですが、その幅広い知識の中には、不動産投資に関する知識も含まれます。

  • 自分の収支で無理のない投資方法は何であるか
  • 収支のバランスからどの程度まで不動産投資に充てられるのか
  • もしもマイナスが出た場合、どの程度まで耐えうるのか …etc

上記のように、不動産投資とお金に関する悩みなら、ほぼ何でも相談できます。

 

“お金の専門家”と言われるファイナンシャルプランナーの強みは、税理士の仕事の範疇になること以外なら幅広く頼れることにあります。

【3】住宅ローンアドバイザー

住宅ローンアドバイザーイメージ

不動産運用をリスク少なく進めるためには、ローンに関する知識が必要不可欠です。

住宅ローンと不動産投資ローンの違いなど、基本的な情報は自分だけでも頭に入れることはできます。

 

しかし、自分に当てはめた場合に適した金融機関の選び方や、不動産投資ローンの組み方について理解することは、ハードルが高いことだと思われます。

 

住宅ローンアドバイザーはその名の通り、住宅ローンに特化した知識を持っています。

ローンの金利や返済方法、借り換えに関すること、そしてローンのリスクなどを知る専門家が、住宅ローンアドバイザーなのです。

【4】マンション管理士

投資用不動産購入後、マンションの管理に関するお悩みが出てきた時に頼れるのが、マンション管理士という名の専門家です。

管理組合および区分マンション所有者、新築一棟マンションオーナーから寄せられる様々なお悩みに、的確なアドバイスをすることができます。

 

  • 入居者の間でトラブルがあった
  • 修繕工事の計画をどう立てれば良いか分からない
  • マンションの景観維持にどのくらいお金がかかるか分からない

上記のような、マンションの維持・管理についてのお悩みに、専門家ならではの視点から的確なアドバイスをくれる心強い存在が、マンション管理士なのです。

【5】J-REC公認不動産コンサルタント

J-REC公認不動産コンサルタントとは、J-RECの不動産実務検定のマスター認定を受けた人が名乗れる称号です。

運用設計や相続対策など、不動産投資において重要な知識・技能を、総合的に持っているため、対応できる範囲は広いです。

 

ちなみに、不動産実務検定にはマスター認定以外にも、2級・1級という認定講座があります。

不動産投資の基本が学べる講座なので、健全運用を目指す方は取得しておいても損はない資格でしょう。

 

これから専業大家を目指したり、現在の投資用不動産より大きな不動産を動かす目標があったりする方は、マスター認定へのチャレンジを視野に入れてみてもいいかもしれません。

不動産投資の専門家の話を聞くメリットとは?

納得する投資家のイメージ

「必ずしも不動産投資の専門家に当たる人でなくても、成功大家さんと呼ばれるような、不動産投資の成功者に話を聞けばいいのではないかな?」と考える方も、いらっしゃるかもしれませんね。

確かに、実際に不動産投資で成功した人や、プロではないけれども詳しい人に話を聞くことも悪くはありません。

 

しかしやはり、不動産投資の専門家に相談する“ならでは”のメリットも存在するのです。

  • 今の不動産運用の課題を的確に分析してもらえること
  • 資産形成の流れを具体的にできること
  • あらゆるケースを知っているので悩みの解決力が高いこと …etc

上記のメリットは、不動産投資に関する様々な資格を持った不動産投資の専門家からでないと、得ることは難しいです。

 

これらを踏まえると、今や全国各地で開かれている不動産投資セミナーの講師も、やはり何らかの専門資格を有した講師であることが望ましいです。

特に都市部では、不動産投資セミナーが多く開かれるため、どのセミナーに行けばいいか悩むことも考えられますが、そんな場合は“講師の質”を基準に絞りこんでみることが1つの方法です。

 

以下のコラムは、本当に役に立つ不動産投資のセミナーの選び方について述べたものですので、興味のある方はぜひ合わせてご覧ください。

はじめての不動産投資セミナーの探し方と選び方

アフターサポートを任せるなら、不動産投資の専門家がいる会社に

アフターサポート

当サイト「グランヴァンタイム」の他のコラムでも述べていますが、不動産投資はいい投資用不動産を購入することがゴールではなく、そこからの運用が本当のスタートです。

だからこそ、不動産投資をはじめるなら、アフターサポートに強みを持つ会社を選ぶことが重要といえます。

 

「運用で困ったことが出てきたんだけど、どうすればいいだろう?」、あるいは「売却を考えているんだけど、大丈夫かな?」といった悩みが出てきた場合の、強い味方となってくれるからです。

 

アフターサポートを安心して任せられる投資用不動産販売会社を選ぶため、ここまで説明した”不動産投資の専門家”がいるかどうかを条件にして探してみるといいかもしれません。

「グランヴァン」には業界トップクラス数の資格所有者が在籍

ちなみに当社「グランヴァン」も、お客様1人1人のベストプランナー・ベストアドバイザーであるために、資格所有者が多く在籍しています。

  • 宅地建物取引士 42名
  • 賃貸不動産経営管理士 6名
  • 住宅ローンアドバイザー 10名
  • 管理業務主任者 10名
  • マンション管理士  3名
  • ファイナンシャルプランナー 24名
  • 相続診断士 9名

※HP掲載のために行った直近の調査結果なので、変動することをご了承ください。

 

上記のような、様々な資格を持つスタッフ同士が連携することで、不動産投資の専門家として頼られるにふさわしい、トータルサポートを行うことが可能となっています。

まとめ

まとめイメージ

以上、不動産投資の専門家とはどんな人かという疑問に、お答えしてきました。

現状、”不動産投資専門士”というような独立した資格があるわけではないため、ファイナンシャルプランナーや宅地建物取引士といった各専門資格が融合して、不動産投資の専門家と称するにふさわしい知識を持つことになるようです。

 

「今、自分が抱えている不動産投資の悩みに的確なアドバイスをくれる人はいないかな?」と思った時や、「質のいい不動産投資セミナーを選びたいな」と思った時には、この記事で述べたような不動産投資の専門家を探してみてください。

 

東京23区内で不動産投資の専門家に話を聞くならグランヴァンにお任せください。

関連記事