マンション経営メリット

メリット 1 年金代わりになります

公的年金に対する不安が高まる今、マンション経営による家賃収入は将来の年金代わりと注目を集めています。
通常、財産をつくるには大きな資金が必要になります。マンション経営は毎月入ってくる家賃収入で財産を作っていくことができるので、少ない負担で大きな財産をつくることができます。
これはまさに「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバート・キヨサキ著/筑摩書房)で紹介されている「レバレッジ(てこ)」を利用して「不労所得」を得るというアイデアの具現化です。
月々のローンを家賃収入でまかないながら返済すると、完済後は家賃がそのまま年金と同じようなカタチで手元に入ってきます。その「家賃年金」は、老後の生活においてとても頼もしい存在となるでしょう。

メリット 2 ご家族の生活をお守りします

住宅ローンを利用して賃貸マンションを購入した場合、団体信用生命保険に加入します。これはローンを組まれた方が万が一亡くなられたり、高度の障害を被った場合にこの保険により残りのローンを完済するシステムです。残されたご家族には無借金のマンションと安定した家賃収入を残すことができます。
死亡保障のついている生命保険に加入している場合は、その分を見直すことで保険料の節約も可能です。

支払い額がゼロになる

メリット 3 効率の高い貯蓄

日本の個人資産は半数以上が預貯金や現金で保有されています。しかし超低金利やペイオフの解禁により、金融機関に預金しても利息どころか元本まで保護されない状況です。預貯金はノーリスクな資産運用ではないので、インフレ=物価上昇が起きれば最も損が大きくなります。
しっかりとリスク対策を行えばマンション経営は低金利の預貯金よりも効率のいい安心で安全な運用方法です。


※2,500万円の物件を約100万円(家賃8.3万円)で貸した時の利回り
100万円÷2,500万円×100=約4.0%

メリット 4 節税対策

一般的な預貯金や株式の相続税は原則として時価により算定となります。
しかし不動産の場合は「固定資産評価基準」に基づき市町村が決定し、土地部分の評価額は公示価格の約80%、建物は購入価格の約50%となり、さらに賃貸用住宅の場合は、貸付割合により土地は約80%、建物は約70%に下げることができます。また、小規模宅地等の特例によりさらに約50%の評価額となります。
時価で評価される他の資産と比べると、通常の資産評価額の30%程度まで引き下げることが可能で、相続税対策としては有効な手法の一つといえます。

お問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

安定と安心の GRANDVAN SERIES

事業紹介

  • 年金・生保
  • 不動産運用
  • 賃貸管理&建物
  • 相続相談

グランヴァンタウン

マンション経営をお考えの方へ

物件情報

  • 新築物件
  • 分譲済み物件

お客様の声

オーナー様

入居者様の声

採用情報 RECRUIT