お客様の声

不動産投資をやってみたことで、自分の人生の中にワクワクする部分ができた

子供の頃から体を動かす事が得意だった西山様。中学時代には走り幅跳びで滋賀県2位になり近畿大会へ出場の過去をお持ちです。
普段は、新幹線のパーサー(新幹線でのワゴン販売やグリーン車での業務など)として日々仕事を頑張っておられます。
今まで投資については全く興味がなく、特に何もされてこなかったとの事。
そんな西山様が、元職場の同僚である弊社小高から聞いた投資用マンションの話。
不動産投資を始めた事で「今まで守りの人生だったのが、少し違う道が切り開けた」と運用や投資、将来に対する考え方も徐々に変わられてきたようです。
今回は、仕事や将来に対して思うことや、不動産投資を始める前と始めた後の心境の変化についてお話を伺いました。

Q.現在のお仕事はずっと憧れていた職業だそうですね。

A.身近にある乗り物だけど、高級で特別感がある。新幹線は憧れの存在でした。

  • エアライン系の学校を卒業後、最初は縁あって大阪のホテルに就職しました。
    ホテルでは結婚式や立食パーティ、会社説明会とかいろいろありますよね。そういうイベントの担当をしていました。
    宴会のセッティング・サービスから片づけまで一連の流れ全部を行うのですが、1日に宴会1件ではないので、宴会と宴会の間15分で片付けから次のセッティングをしたりと、先のことを考えて動かなければならず常に冷静でいる必要がありました。食事時間も削られたりと目まぐるしい毎日でしたが、人生の大切な節目である結婚式などを取り仕切るという事は、やりがいもありました。

  • ホテルに3年勤めた後に転職してからは、ずっと今の会社で新幹線パーサー(新幹線でのワゴン販売やグリーン車での業務など)をしています。
    実家が新幹線の線路の近くで、小学校・中学校・高校と新幹線の線路の下を通って育ったというのもあって、身近な乗り物だけど電車とは違い簡単には乗れないという憧れがありました。
    私が中学生くらいの時に『新幹線物語』っていうドラマが放送されていたんだけど、そのドラマで女性が華やかなスカーフ巻いてグリーン車を担当していたんですよね。おしぼり配って改札業務してみたいな。
    そういう仕事があるんだっていうのを知ってからずっと、新幹線パーサーになりたいという思いがあったので新幹線に関わる仕事に着きました。
    新幹線のパーサーには階級があるんですが、長い間頑張ってきたこともあって現場としては一番上の階級にまでいきました。

Q.不動産投資をされる前は投資や運用は何かされていましたか?

A.投資は賭けみたいな感覚があって、ちょっと怖いなという気持ちもありました。

  • 私の両親も堅実派でしたし、同僚など周囲にも投資や資産運用をしている人もいませんでした。だから全然興味もなかったですし、ある程度蓄えはいるかなと定期預金をしていたくらいです。
    貯金といっても、何か目標を掲げてやっていたというわけではなくて我慢しない程度で楽しむことにはお金を使い残った分を残していくっていう感覚でやっています。
    とても保守的ですね (笑)。投資や運用は賭けに出るような感覚があって好きじゃかったですし、ちょっと怖いなという気持ちがありました。

Q.投資に関して保守的な考えだった西山様が不動産投資をされたのはなぜですか?

A.信用している小高さんからのお話だったという点が一番です。

  • 小高さんはもともと職場が同じでした。
    私の中で小高さんへの信用がかなりあったというのが大きいですね。
    とても真面目で頼りになるし仕事もできる。みんなから好かれるタイプで、人としての人間性も好きです。
    そんな小高さんが言うのだからと少しずつ不動産投資に関して前向きになっていきました。
     
    投資は賭けだと思っていましたが、実際に説明を聞いたら不動産投資に使うお金は消えてなくなるわけではなく今まで銀行に預けていたお金を不動産で運用しているだけの話なんだなって思うようにもなりました。
    それにマンションは現物資産として残るものですしね。そういう風に自分でも徐々に分かってきて不動産投資に対する印象も変わっていきました。
    とりあえずやってみて、途中で違うなと思えば売却してもいいわけですし。

  • それに、新幹線パーサーの仕事は好きですし自分に向いてるとも思うんですが、体力も必要な仕事なのでこの先ずっと定年まで乗務員としてやっていけるのかなと考えると不安もあります。そういう将来を考えた時の不安もあって、その為にも“ものは試し”じゃないですけど、人生勉強だと思って不動産投資をやってみようって思えるようになりました。
     
    これまで投資の勉強を全然してこなかったんですが、これをきっかけに勉強していければ自分も成長できるいい機会になるなとも思って決断しました。

Q.グランヴァンのイメージはいかがですか?

A.親身になってくださるところが、全然知識がなかった私にとってはありがたいです。

  • 不動産投資を始める前に親に話したんですが、両親は堅実派ですから反対されてしまいました。そのことに対しても、両親に詳しい話をする時間をちゃんと作ってくださる姿勢に安心できました。
     
    後は、紹介を基本的な営業のスタイルにしているっていうのも安心感がありますね。
    グランヴァンで投資用マンションを購入した人が良いものだなと感じるから大切な知り合いにも勧めたいって思えるわけじゃないですか。とても安心できる部分ですね。
    人との繋がりを大切に、親身になって丁寧に対応してくださるところが、もともと投資に臆病で知識もなかった私には本当にありがたいです。

Q.不動産投資を始めてから、生活や心境の変化はありますか?

A.大げさかもしれませんが、不動産投資は夢を与えてくれた存在です。

  • 私は、自分がちょっと不器用だなと思っているんです。真面目と言うか。保守的で資産運用などについても積極的でもなかったですし。
    ですが、不動産投資を始めた後にドル建ての投資も始めたんです。
    これまでの私だったらしていなかった様なことなので、そういう部分は少しずつ考え方が変わってきてるのかもしれないですね。
    不動産投資を始めたことで、今まで知らなかった未知の世界にいけたと感じています。
    不安だったのが、始めてみたらワクワクする気持ちに変わり今後の楽しみにもなりました。自分のキャパが大きくなりましたし、何事も人生経験だと思えるようになりました。
    大げさかもしれませんが、不動産投資は夢を与えてくれた存在です。

Q.将来、不動産投資で得た収入や資金でどんなことをしてみたいですか?

A.その時々に合った楽しみに繋がると嬉しいです。

  • 資金を元手に更に良いマンションを購入してみたり、他の運用を始めてみたりしたいと思っています。
    それから、旅行が好きですが今は仕事もあって頻繁には行けないので・・といっても北海道、沖縄、台湾、韓国と最近行きました。結構旅行出来てますね(笑)
    将来は、お金と時間に余裕が出来たら島に移住したり、豪華客船など人生のご褒美に贅沢旅行といったような、その時々に合った楽しみに繋がると嬉しいです。

Copyright Grand Van Co.,Ltd. All rights reserved.