不動産投資セミナーに参加するときの注意点!騙されないために気をつけておくこと

 

不動産投資を始めたばかりの方が情報を得るための手段として、セミナーに参加することがあります。

セミナーには無料のもの、有料のものなどがあり、自分の目的にそって参加可能です。

しかし不動産投資にはデメリットやリスクがあることも事実です。自分の頭でリスクを把握して判断しないと、自分の人生を豊かにするどころか、失敗して生活を苦しめかねません。

今回の記事では、不動産投資セミナーに参加して騙されないために気をつけておきたい注意点を紹介します。
特に初心者が把握しておきたいことについて解説しますので、セミナーに参加する前の人や申し込んだけど開催まで時間がある人は参考にしてください。

不動産投資セミナーに参加するときの注意点

まずは不動産投資に参加するときの注意点を、申し込み前と申し込み後に分けて紹介します。

セミナー申し込み前の人が気をつけること

セミナー申し込み前の人が確認しておきたいことは次の3つです。

  • セミナーが自分の目的にあっているかどうか
  • 主催している会社が信頼できるかどうか、実績はあるか
  • セミナーの評判・口コミ

【1】セミナーが自分の目的にあっているかどうか

参加したいセミナーで、自分が得たいことを教えてくれるかどうか確認してみましょう。

たとえば不動産投資について、インターネットや本で知識を学んでいるが、直接プロから話を聞いたことがない人は、全くの初心者向けのセミナーに参加するよりも、中級のセミナーに参加してもいいかもしれません。

知識がゼロの人は、一から教えてくれる初心者向けのセミナーが向いています。

自分が欲しい情報を得られるセミナーを選んでみてください。

【2】主催している会社が信頼できるかどうか、実績はあるか

セミナーの内容自体が信頼できるものかどうかは実施している会社によって異なります。

そもそも主催している会社自体が信頼できるかを確認してみてください。

会社を確認するときの項目は以下です。

会社規模

資本金が多い会社は、資本金の少ない会社に比べて経営等が安定している可能性が高いです。

そのためサポートが充実していたり、その会社が倒産するリスクが低かったりします。

上場しているかどうか(必ず上場しているほうが良いという訳ではありません)

上場している会社は、投資家に向けて決算報告書で情報開示をする必要があります。
第三者視点で会社の信頼性が担保されているため、信頼しやすいです。

一方非上場でも、業績を報告している会社はありますので、あくまでも一つの項目として確認すると良いでしょう。

実績があるかどうか

不動産投資について、過去の実績があるかどうかも重要なポイントです。

マンションやアパートの管理数、入居率などの実績が数字で公開されているか、またお客様の声などから満足度が高いかどうか判断することができます。

不動産投資を行う人からすると、成功しやすいかどうかを分ける最も大切な点ですので確認するようにしてください。

【3】セミナーの評判・口コミ

セミナーに実際に参加した人の評判や口コミは

  • そのセミナーが質の良いものかどうか
  • 出席する価値があるかどうか

などを判断するのに使えます。

該当するセミナーで、インターネットに出ている情報は少ないかもしれませんが、「〇〇(不動産投資会社の名前、) セミナー 評判」などで検索して、一度確認してみましょう。

またセミナーの口コミだけを集めたサイトなどもあるので、自分が参加したいセミナーの情報がないか参考にするのも良いかもしれません。

加えて講師の情報などもチェックしておくと良いです。
書籍を執筆していたり、メディア等で名前が出ていたりする講師であれば、より信頼できます。

初心者の方がセミナーを選ぶときに理解しておくことは下記の記事で解説しています。

はじめての不動産投資セミナーの探し方と選び方

セミナーに申し込んだ後の準備事項

続いてセミナーに申し込んだ後に、準備しておきたいことを紹介します。

  • セミナーで何を得たいのかを明確にする
  • 質問したいことを決めておく
  • 他のセミナーにも申し込む

【4】セミナーで何を得たいのか明確にする

不動産投資を成功させるためにも、またセミナーの時間を有効に使うためにも、自分がそのセミナーで何を得たいか決めておきましょう

不動産投資の知識がまったくない人で、投資の手段として不動産投資をするかどうか迷っているのであれば、他の投資と比較するために参加するという目的をたてます。

またどのような物件に投資をしようか迷っている人であれば、区分マンションやマンション一棟とアパート一棟など、どれにするか目星をつけることを目的に参加するのが良いです。

事前に得たい情報を決めておいて、目的を達成できるように準備してください。

【5】質問したいことを決めておく

セミナーで得たいものを決めたら、質問することを決めておきましょう。

セミナーでは不動産投資のプロから、様々な情報を得ることができます。そしてセミナーによって、ポイントになる点は変わります。

聞きたいことや相談したいことをしっかりと決めておくと、セミナーで説明してもらった際に内容を理解しやすいです。またセミナーの情報に惑わされることなく、自分の疑問を解決しやすくなります。

【6】他のセミナーにも申し込む

セミナーにひとつだけ申し込んでいる方は、他のセミナーにも参加するのがおすすめです。

こうすることで得た情報を比較して、会社の良し悪しや情報の信頼性を判断することができるようになります

一方のセミナー講師が言っていることが、他のセミナーで聞く話と違うこともあります。

そのようなときにきちんと自分で判断できるようになっておくことで、騙されたり、失敗する確率が減ったりします。

不動産投資セミナーで騙されないために確認するべきこと8選

続いて実際にセミナーに参加しているときに、確認したいことや聞きたいことを8つ紹介します。

リスクが説明されているかどうか

どのような投資にもリスクがついてまわります。
不動産投資も例外ではありません。

たとえば空室リスクや災害、入居者のトラブルなどがあります。
これらのリスクを把握しておかないと失敗しかねないので、不動産投資をする人は誰しも事前に検討しておくことが必要です。

これらのリスクは、初心者向けのセミナーであれば特に丁寧に説明されるべき内容でしょう。

しかし、初心者向けセミナーの中にはメリットや良い点だけを説明して、デメリットやリスクに全く触れないこともあります

このような会社や担当者は、不動産投資をはじめたい人に良いことだけを伝えて、自分たちが得をすることだけを考えているかもしれません。

セミナーに参加するときには、顧客目線からリスクなどの情報提供がされているか確認しましょう。

これまでの実績

冒頭にも述べましたが、セミナーを主催する投資会社が過去にどんな実績を出したのか、入居率や管理数、顧客満足度などを確認しましょう。

数字でしっかりと実績が説明されているかは、その不動産投資会社を利用する際に成功しやすいかどうかをチェックするポイントとして重要です。

既存顧客の話を聞けるかどうか

不動産投資会社のなかには、すでに投資をしているお客様から物件を紹介するという事業を行っている会社があります。

当サイトを運営しているグランヴァン株式会社は、ほぼ100%が既存のお客様からの紹介で、新しいお客様とお付き合いさせていただいています。

お客様からの生の声を聞ければ、その不動産投資会社に対して客観的な立場から判断できます

セミナーに参加したときに既存のお客様からお話を聞けるかどうか、確認してみてください。

サポート内容

不動産投資を進めるうえで、担当者からのサポートをどれくらい受けられるかなどサービス内容が充実しているかも重要です。

不動産投資を開始してからだけでなく、アパートやマンションを購入してからもサポートを受けられるアフターフォローなど、手厚いサービスがあるか確認してみてください。

不動産投資の進め方

サポート内容と合わせてその会社に依頼した場合、不動産投資を行う際にどのように進めていくのかも確認しておくと良いでしょう。

初めて不動産投資を行う方でしたら、どのような流れで不動産投資を行うのかわからないことも多く、不安もあるはずです。

流れを確認してみて、不安なく進められる会社を選ぶことをおすすめします。

物件情報

物件の選び方などを知りたい人に限られますが、その会社でどんな物件を取り扱っているか、また物件についてどんな資料をもらえるかなど聞いてみてください。

購入する物件を選ぶときの参考になります。
またセミナー参加者にしか紹介されていない物件も存在します。

目的や投資計画などが進み、物件の情報収集をしている方は確認しましょう。

融資条件について

不動産投資をする際、基本的には金融機関でローンを組むことになります。
不動産購入価格の10%程度を自己資金で支払い、残り90%をローンにすることが多いです。

ローンを組める金額はその人の年齢や職種、保有資産などによって異なります。

事前にどのような基準でローンを組めるか確認しておきましょう。

セミナーに参加した後にやるべきこと

最後にセミナーに参加した後にやるべきことを紹介します。

他のセミナーにも参加する

上述したようにセミナーひとつだけに参加するのではなく、他の会社が主催するセミナーにも参加するようにしてください。

主催会社や担当する講師によって、情報の質や言っていることは違います

多くのセミナーに参加すると、自分が客観的に判断するための引き出しを増やすことが可能です。

不動産投資の目的や計画を明確にする

まだ不動産投資の目的や計画が明確になっていない人は、これらを一度整理して検討してみましょう。

不動産投資に取り組もうとしている方は、何かしら得たいものがあるはずです。

その目的に従って不動産投資に取り組まないと、営業を受けたり、予期しないことが起きたりしたときに、当初の目的からずれた判断をする可能性が高くなります。

「老後の資産形成のために不動産投資する。増やしたい資産は金額にして〇〇万円」、というふうに数字目標を立て、それに従って不動産購入額やローン、利回りなどの計画をたてましょう

資料請求をする

セミナー以外に情報収集する方法として、資料請求するという手段があります。

不動産投資会社自体の説明資料や、管理している物件情報などが掲載された資料を請求してみましょう。

不動産投資で請求して事前に確認したい資料には以下のような種類があります。

  • 不動産投資会社についての資料
  • 物件概要
  • レントロール
  • 維持管理費がわかる資料
  • 固定資産税評価額がわかる資料
  • 登記簿謄本

このような資料を確認して、物件を選定していきます。

投資物件の候補を出す

不動産投資の目的が明確になり、物件情報が掲載された資料が揃ったら、投資する物件の候補をいくつかだします。
それらの物件の購入額や利回り、費用、収益などを計算して評価してみましょう。

また評価をする際に、現地調査や物件を内覧することも大切です。
なぜなら実際の物件を見ることで、気付けることがあったり周辺の物件の家賃を確認できたりするためです。

投資物件を決めるためにも、実地調査を行うようにしてください。

まとめ

以上、不動産投資セミナーに参加する前の注意点や参加するときに確認したいポイント、参加後にすることを紹介しました。

初めて不動産投資をする場合、誰しもわからないことがでてきます。

さまざまなセミナーに参加して、セールストークなどに騙されないように知識を身につけていってください。

当サイトを運営するグランヴァンは、設立から20年で自社のブランドマンションの販売実績が75棟あり、高い入居率を誇っています。※2020年5月末で99.5%

初心者向けに不動産投資セミナーも実施していますので、興味がある方はぜひグランヴァンのセミナーにご参加ください。

関連記事